結構な頻度で見るトヨタのCM。なんだかデスパレートな妻たちっぽい!

Trivia

トヨタReBORNシリーズ最新CM。「のびた」や「ジャイ子」、「Mr.Po」などなど、今までトヨタのCM(車種問わず)に出てきたキャラクターたちが住んでいる住宅街"TOYOTOWN"が舞台になっています。この"TOYOTOWN"が、人気海外ドラマ「デスパレートな妻たち」の舞台である『ウィステリア通り』にそっくりなんです…っていうかそのものだ!!

スポンサーサイト



Trivia | トラックバック(0) | コメント(0) | | edit

華麗なるギャツビー(THE GREAT GATSBY)

Love/Romance

彼の名はギャツビー 男の憧れ、女の理想
その人生は――【嘘】

華麗なるギャツビー 1920年代。ジャズと禁酒法の時代。アメリカン・ドリームを追い求め、故郷の中西部からニューヨークへとやって来た作家志望のニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)は、宮殿のような豪邸で毎夜豪華絢爛なパーティーを開く謎めいた大富豪ジェイ・ギャツビー(レオナルド・ディカプリオ)の隣に居を構える。港を隔てた向こう岸には、いとこのデイジー(キャリー・マリガン)とその夫で女好きのトム・ブキャナン(ジョエル・エドガートン)が住む邸宅があった。そんなある日、ニックはギャツビーから彼の生い立ちを打ち明けられる。裕福な名家に生まれ、ヨーロッパで宝石や名画に囲まれた贅沢な暮らしを送った後、戦争で数々の勲章を受けて英雄となり、両親が亡くなった今は天涯孤独の身だという。だがそんな出来すぎた話に、ニックは「ギャツビーは何かを隠している」と直感する。やがて、耳を疑う噂と危険な人脈、そしてデイジーとの禁じられた恋が、少しずつギャツビーの華麗な仮面をはがしていくのだった……。

 F・スコット・フィッツジェラルドの小説「グレート・ギャツビー」を『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に迎え、独自の解釈で映画化したラブストーリー。ある日突然、人々の前に現れたミステリアスな大富豪ギャツビーの知られざる過去と、上流階級の女性との禁じられた愛が描かれる。

【キャスト】
レオナルド・ディカプリオ、トビー・マグワイア、キャリー・マリガン、ジョエル・エドガートン、ジェイソン・クラーク
【スタッフ】 【作品データ】
監督 バズ・ラーマン 製作年 2013年
脚本 バズ・ラーマン 、 クレイグ・ピアース 製作国 アメリカ
原作 F・スコット・フィッツジェラルド 配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 142分
(movie walkerより引用)

管理人の評価は...

★★★★☆

Love/Romance | トラックバック(0) | コメント(0) | | edit

そんなこと言わないで……

【MEMORY】

 今の時代、当たり前のように映像配信、DVD・Blu-rayの発売がなされています。 それも技術の進歩として、とっても素晴らしいことなんですけど、それによって若い世代に限らず活字離れが進んでいくことは、なんだか悲しいです。

それらが嫌いなわけではありません。 現に今は映像制作会社勤務ですし、むしろ好きです。 ただ、それ以上に活字が好きです。
【MEMORY】 | トラックバック(0) | コメント(0) | | edit